早期の弁護活動が結論を左右する可能性のある場合は私撰弁護人を


早期の弁護活動が量刑や有罪性の有無に影響する可能性のある事件としては、国選弁護人が弁護を引き受ける事が出来ず、早期の対策を取らないと被告人が不利な立場になったり無罪を立証するのが困難になる性質の事件などです。

これらの要素を持つ事件として、痴漢関係の冤罪などがあります。
痴漢の冤罪は、主に男性がこの虚偽被害の冤罪に遭いやすい傾向にあります。
虚偽の被害届が出される理由としては、他の人との勘違いや相手を陥れる為など様々な理由があります。

痴漢は客観的に無罪を立証する事が困難で、証拠がないと無罪を主張する事が難しい傾向にあります。
特に時間が経過すると、目撃者の証言や記憶が曖昧になったり証拠が乏しくなるので、早期の対策が必要になります。
そのため早期に弁護士を立てて、証拠集めや目撃証言など無罪を立証する要素を確保する必要があります。

国選弁護人は痴漢の事件は対象外のため、このような被害にあった場合は自力で弁護士を雇い潔白を証明する必要があります。
雇う弁護士としては、これらの事件を何度も扱って必要な弁護手順や知識を有している経験を積んでいる人が望ましいです。

個人で弁護士を雇う利点としては、国選弁護人などにある特有の規制がないことです。

 
弁護士が扱える種類の事件であれば、虚偽の被害届を出されてから身柄を拘束される前に対応を相談することも可能です。

dannsei001

コメントは受け付けていません。